株式会社MIRAIUS

WEB・アプリ製作会社

未分類

【IT導入補助金】実績報告のポイント

本年度最終の三次公募の採択も発表され、事業報告の締切が近づいております。
三次公募の事業実施期間は2019年1月31日(木)までとなっております。

公募期間延長による事業実施期間の延長はございませんのでご注意ください。
交付決定後は以下の流れになります。

契約→納品→支払→入金

T導入補助金の実績報告についての
ポイントをまとめてみました。

事業実績報告の内容は、大きく4つあります。

①契約情報確認
【ポイント】
「契約日」「数量」「単価」

IT導入補助金は交付決定を受けてからの事業実施となるため、交付決定後の日付であることが必須です。
また、数量や単価入力に間違いはないか、変更などがあった場合には、きちんと修正しているかをチェックが必要です。

②納品情報確認

【ポイント】
「納品日」

契約後に納品となるため、契約日より前であってはいけません。

③支払情報確認
【ポイント】
「支払日」「支払方法」「証憑」「消費税や受領額等の反映」支払方法に関して証憑の添付が必要です。
「銀行振込」「クレジットカード払い」「現金払い」があります。

証憑になるものを処分してしまった・・・ということがないようにご注意ください。

④口座情報確認
【ポイント】
補助金の交付を受ける口座情報の入力をします。通帳の表紙と表紙裏面の証憑添付が必要です。

①~④までの入力が終わると、最後に補助金IT導入支援事業者側で事務局に申請するボタンを押して事業実績報告は完了です。

詳しくはこちらをご覧ください。

IT導入補助金
参考:事業実施・事業実績報告の手引き

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)